トリニータ談話

感じたまま正直に。

FC東京戦 MF8・町田の同点ゴールで 貴重な勝ち点を

 3月14日、大分市の昭和電工ドーム大分でJ1リーグ第4節「大分トリニータ  VS  FC東京」の一戦が15時から行われた。


 今日の大分市の天気、天気予報では快晴とのことだが実際は曇ったり晴れたり曇ったり、でも気温が高くサッカー観戦にはもってこい、自宅を早めに出発し試合会場へ。


 まずは試合結果から、前半FC東京に先制され苦しい展開の中、後半町田のゴールで追いつきホームで貴重な勝点を得た。


 試合等詳細については画像を交えて。


                 会場では、当日券購入者へコロナ対策として連絡先を。

                 

北G裏では、県立大分商業高校の吹奏楽部の演奏が、素晴らしかった。

               突然、屋根を閉じ始めた、風が少し出てきたので風対策化。

               

               選手、試合前の練習開始。

               

     練習する選手にトリニータコールを。

         

          選手入場。

           

       円陣を組み、気合を。

                 

両チームの先発メンバー。

                  FC東京の猛攻。

                 

 試合は、前半からFC東京が外人選手を起点に大分陣地に攻め込む、大分は例の如く防戦一方、自陣でボールを回し相手を崩し攻め込もうとするが、相手のプレスでボールを失い上手くいかない、28分相手の波状攻撃を受け最後は、渡辺に決められ先制される、その後は何とか凌ぎ前半は0:1とFC東京リードで終了。


      前半終了 大分 0:1 FC東京

                      

                後半、激闘する両チームの選手。

               

 後半に入ってもFC東京の攻撃が続く、大分は試合の流れを打開するためメンバー交代を行う、高澤、伊佐を投入すると前線に活気が、相手陣地に攻め込む機会も増しシュートチャンスも、30分過ぎ大分にチャンスが訪れるゴール前、中央で待ち受ける町田の前にボールが、相手DFをうまく交わし右足でシュート、上手く流し込み同点弾、相手はオフサイドをアピール、VARでテェック、ゴールは認められ同点に、その後も再三チャンスを作るも得点を奪えず試合終了の長い笛の音が。


                      本日の入場者数、9,590人。

                      

                      試合終了、健闘を称え合う両チーム選手。

                      

                スコアー「大分 1:1 FC東京」得点者 大分:町田・東京:渡辺

               

ホームゴール裏へ選手が挨拶に、健闘した選手を称え拍手で迎える大分のサポーター。

 前半は本当に苦しい展開、強豪FC東京が相手、難しい試合になるとは思っていたが外人選手の強い当たりとスピードに翻弄されどうなることかと思ったが、大分は今シーズンここまでカップ戦を含め3試合を消化、この試合が4試合目やっと攻撃も守備も粘りが出てきた、試合を重ねるごとにまだまだ良くなる、これからが楽しみ。


 次の試合は中2日で17日の水曜日、アウェーでC大坂戦またまた難敵、強敵相手に苦戦すると思うが、他のチームにない大分のチーム力で打破してほしい。


 頑張れトリニータ。


 「 最後まで お付き合い頂き 感謝 」

×

非ログインユーザーとして返信する