トリニータ談話

感じたまま正直に。

広島戦 先制するも逆転負け それも3点奪られて 監督の戦術は

 情けないの一言、後半7分・今季新加入の長澤の初得点で先制したのに、試合が終わってみれば1:3とサンフレッチェ広島に逆転され完敗、選手は何を考えてプレーをしているのか、思い出すだけでもほんとに悔しい。


 試合等詳細については画像を交えて。


 今日21日、14時から昭和電工ドーム大分でリーグ第6節「大分トリニータ   VS  サンフレッチェ広島」の試合が行われる、今日の大分市、雨は降ってないが曇天、少し肌寒いので厚着をして早めに家内と自宅を出発、会場に着く一部の駐車場は満車、上手く迂回道路に駐車、イベント会場にはすでに大勢の観客が。


                   試合会場の昭和電工ドーム大分。

                

                  北側ゴール裏、大分トリニータのサポーター席。

                 

                 南側ゴール裏、サンフレッチェ広島のサポーター席。

                 

     両チームの先発メンバー。

     

                       大分の攻撃。

                       

                 広島のセットプレー。

                 

                        本日の入場者数、広島戦にしては少ないか?

                        

      広島の猛攻。                                

                   

広島に3点目を決められ、まだ時間があるが帰り始めた観戦者、さみしい。

                           試合終了、健闘を称え合う両チームの選手。

                           

本日のスコアー、1対3と1点リードからの3点奪われるのはほんとにきつい。

                 勝って喜ぶ広島の選手と、サポーター。

                 

                       北ゴール裏に挨拶し、そそくさと引き上げる大分の選手。

                       

時間は4時過ぎ、重い足取りで引き上げる大分のサポーター。

 大分は本来はゴールキーパーから繋ぎボールを保持し、ビルドアップ、上手く組み立てサイドを崩し得点を、それがどうしたことかGK・高木はロングフイードのみ、監督の采配か、古巣広島を相手に作戦変更か、余りボールも拾えず結果として褒められたものではない気もするが。


 次のリーグ戦は4月3日、首位の川崎戦、その前にルバン杯が今月の27日に徳島と組まれている、練習時間は充分とれるので試合での課題を、これまでは時間がなく余り修正できてなかったので、今回はしっかり修正し試合に臨んでほしい。


 強敵が続く、ますます厳しくなる、頑張ってほしい。


 頑張れトリニータ。


 「 最後まで お付き合い頂き 感謝 」

×

非ログインユーザーとして返信する